石見ワールド
         《 真砂地区の思い出 》
平成8年5月3日の横浜国際仮装行列の企画立案のため、益田市役所商工観光課の椋さんと初めて真砂地区を訪問した。
小高いお寺の境内から西に広がる波田町を眺めながら、何か始まりそうな感じを受け、思わず「此処でElder-Villageが実現できたらナ』と口走った気がする。
それから平成14年3月まで丸々6年間、この地区の人々と色々な夢を育んだ。迷惑を掛けたり、恥ずかしい思いをしたりして、悲しみに沈むこともあったが、振り返ると楽しい日々であった。感謝を込めて当時のことを思い出しながら記述しておく。
〔ホーム〕