古希を生きる/Myurah
Elder-Village の目的と効果
1.健常で自立したElder生活の獲とく 熟年者相互の助け合い 自立
昔は子供が親の面倒を看るのが当たり前であった、今その意識は両者共ない。しかし、先行き不安、
有料老人ホームに入るには多額の費用がかかり、自由が制限される。

共同生活により、お互いに助け合いながら自分で生きる力と喜びを充足する。
2.自然回帰と働く喜びを 菜園・創作活動 自給自足
都会生活のストレスと喧騒から開放され、自然の中に身をおいた生産生活を展開。化学肥料・農薬が使用され、
輸入時には消毒まで施された安価な輸入生鮮食品では味わえない農作物(有機栽培)の自給自足。
趣味と実益を生かした創作活動。
3.最小の投資で最大の効果を 共同負担 経済効果
Village で共同使用・共同作業をし、個人負担を最小限におさえた生産活動で、
3K仕事はお互いに分担して、趣味はともに楽しむ、共通意識を養い生き甲斐を味わう。
4.共同生活におけるプライバシーの確保 休息はマイハウスで 個人尊重
共同生活の中でもプライバシーを確保した快適な生活。働く喜びとくつろぎのひとときを満喫。
創造とチャレンジ精神が常に養われ老化防止。
5.情報の蓄積と対応化が容易に ネットワーク活動 社会参加
個人では不可能なジャストタイムな情報の受発信と対応、社会のニーズに適合した生産活動の展開。
常に時代の動向をキャッチし、孤独感や疎外感に苛まされず、社会参加の意識を保つ。
6.安心した生活環境を 不安感を排除 精神生活
年を重ねるにしたがい、人は健康不安が増幅する。不測の事態にも身辺に人・車の配備が万全で、
単独で処理する不安と不備がない。
一時金を抑え月々の出来高精算で、自己が保有する財産の消耗が少なくゆとりを醸し出す。
Elder-Village に戻る